オリジナルTシャツを作る基本的な手順

オリジナルTシャツを作る手順として、まずは大体のTシャツの完成図をイメージすることです。「こんなTシャツにしたい」「こんなイメージのものを作りたい」と、ぼんやりと思い浮かべましょう。 次に、下地となる色を決めます。これは最初に描いたイメージに沿って決めましょう。

そして最後にデザインです。ロゴを入れるもよし、テキストを入れるもよし、名前を入れるもよし。また、考えたデザインをどこに配置するのかもとても重要になってきます。 オリジナルのTシャツ作成の良いところは、世界で自分だけのTシャツを作れることです。満足できるものを作りましょう。

体育祭の必須アイテム、オリジナルTシャツを作りましょう。

体育祭や文化祭など、グループで団結するイベントで必須アイテムとなるのが、おそろいのオリジナルTシャツです。クラスや部活などのメンバー全員が同じデザインのオリジナルTシャツを着ることで、一体感が出ますしみんなのテンションも上がることでしょう。

最近では、ネットで注文や見積もりができ、メールでデザイン画を送るだけで完成品見本を制作してくれるというようなサービスも増えてきているため、初めての方でも手軽に注文することができます。 この機会にオリジナルTシャツを作って、グループの中をさらに深めてみてはいかがでしょうか。

お祝いとして贈るオリジナルTシャツ

結婚祝いや還暦祝い、もしくは退職祝いなどいろんなお祝いがありますが、そのタイミングでオリジナルTシャツを作って贈るというのはどうでしょうか。オリジナルTシャツは売られていない物ですので、きっと特別な一日を記念する事ができるでしょう。

クラスTシャツに留まる事なく、オリジナルTシャツはあらゆる場面において多いに活用されています。オリジナルTシャツのデザインを考えるのであれば、お祝いの場面にふさわしいと思われる様な素敵な作品をめざしましょう。オリジナルTシャツですので、普段に着用できる物の方が喜んでもらえる事もあるでしょう。みんなでアイデアを出し合うのはどうでしょうか。

着る人が決まっているオリジナルTシャツ

すでに誰が完成したオリジナルTシャツを着用するのかという事が決まっている場合には、その人に似合う物をイメージして考えるといいでしょう。しかし、オリジナルTシャツは配布したり、または不特定多数の人が着用する事もあります。

そんな場合には、オリジナルTシャツを考える時に、誰が着用してもいい様に考えておく必要があります。メンズやレディースのオリジナルTシャツに偏ってしまうと、着用しにくく感じられる事もあります。

たくさんの人がオリジナルTシャツを着用する事を想定している場合には、無難なデザインとなる事もあるでしょう。シンプルなデザインはどんな人でも似合う場合が多い様です。

オリジナルTシャツの宣伝

作成したTシャツは、宣伝して多くの方に見てもらわないといけません。見られないまま販売すると、購入者が全く出てくれないのです。オリジナルTシャツは、普通のメーカーと異なり、販売できる範囲が限定されます。

更に他のメーカーよりも高い傾向にありますので、結果的に売上面で苦労します。そこで販売するために、snsを使った宣伝が多く取り入れられます。普通の宣伝ではなかなか見てもらえないものの、ネットを活用して多くの方に見てもらい、通販で販売するのです。オリジナルTシャツでは、こうした気軽に触れ合えるツールが必要になります。

オリジナルTシャツを使う場面

学校の校章や会社のロゴ、チーム名やマスコットキャラクターなどをデザインして自分で作るオリジナルTシャツは、イベントのときにお揃いのチームウェアとして着用したり、試合でユニフォームにしたりすることができます。

学園祭や文化祭などでは特にクラス全員で着用して団結力を高めたり、宣伝効果もあるので販売促進やプロモーションの役割も果たします。1枚からでも作れるので、お店で売っている商品に満足できないときや自分だけの特別なデザインの服を着たいおしゃれな人にも人気があります。ノベルティグッズとしても使えるアイテムです。

Tシャツ作成に関する記事