オリジナルTシャツをつくる前にデザインを

オリジナルTシャツをつくるまえにざっくりとまずはデザインを決めてから作成していくようにしましょう。お気に入りのTシャツや雑誌などを参考にしてもいいのではないでしょうか。

また、デザインする際には持っているストレッチパンツなどと合わせることを意識して、全体的にコーディネートをするといい作品に仕上がるのではないでしょうか。

絵が得意な人は直接Tシャツに布用のインクを使い描いていくのも味があり素敵です。

また、簡単に仕上げるのであれば、手芸店で販売しているアイロンプリントを使用するのも手軽に作れる方法のひとつです。

発色をよくしたいと考えるのであれば、Tシャツ専用の印刷をしてくれる業者がありますので、依頼してもいいのではないでしょうか。

オリジナルTシャツはサイズも選択できる

オリジナルTシャツを作る時というのはサイズも選択することができます。フリーで一般的なサイズの人ほとんどが着れるようにすることも可能ですが、そうした場合は極端に大きな人だとオーバーで着れなくなってしまうことというのもあるものです。

ですからオリジナルTシャツを作る時は小さいものや大きいものも別途作れるようにすれば便利です。どんな人にでも対応できるようにしておけば着れなくなることもありませんし良いでしょう。また、子供が着るのであれば子供用のものも作っておくと便利です。もしみんな同じでないといけないのであれば、大き目のものを注文するようにもしましょう。

オリジナルTシャツのサンプル品について

オリジナルTシャツを製作するにあたり、サンプル品のデザインやサイズなどを事前にチェックすることがとてもおすすめです。 最近では、高品質なアイテムの購入先の選び方にこだわりのある人が増えてきており、常日ごろから商品選びのテクニックを身に着けることが良いでしょう。

とりわけ、オリジナルTシャツのコストパフォーマンスの良しあしにこだわりたい場合には、複数のサンプル品の利用価値の高さに目を向けることがコツです。 その他、アフターサービスの内容が優れている業者に問い合わせをすることがポイントとして挙げられます。

拡大に注意したいオリジナルTシャツ

webサイトの画像などを使ってオリジナルTシャツを作る場合には時として解像度が足りない事が予想されます。webサイトのデータではなくて、オリジナルTシャツを作る場合には、さらに高解像度の元データを用意する様にしましょう。

もし、どうしても元データを用意する事ができない場合などには、トレースを行ってデータを作り直す必要が出てくる事もあるでしょう。オリジナルTシャツにするために、データを拡大すると、荒い画像となってしまいます。画像の解像度はオリジナルTシャツの完成度を左右する事もありますので、よく考える必要があります。オリジナルTシャツを作る作業は材料集めから開始しましょう。

オリジナルTシャツを頼むならどれくらい前に?

文化祭や部活でオリジナルTシャツを作りたいという人達が気になってくるのは一体どれくらい前に発注すればいいのかということかと思います。頼んだのに、希望迄にこなかったという事態になってしまったら大問題です。

文化祭や部活などでH使用する際には発注数も多くなってきますし、その時期は大変混みあいます。もし文化祭が9月なのでしたらできれば夏休み前にはデザインを作って、業者さんに提出するようだと、リードタイムもありますし、安心して待つことができます。また書きなおしなどが出てくる場合がありますのでできる限りギリギリではなく、余裕をもったスケジュールで進めることをオススメします。

オリジナルTシャツのいい所

オリジナルTシャツを作るといいこと一体どのような所にあるのでしょうか?Tシャツでいいなら、これからの時期沢山の種類の、様々デザインのものが、それないに安い価格で購入することもできます。しかしわざわざオリジナルTシャツをデザインして業者さんへ発注する手間をかけるのはなぜでしょうか?

もしプレゼントとして考えているのであれば、やはりその人をイメージしたものという点でわかりやすいためです。また今までのプレゼントとかぶることがまずありません。その時一番好きなものをとりいれることができるというのもいいですね。

Tシャツ作成に関する記事